会が主催するイベントや活動の広報です。公式HPはこちらhttp://kodomomirai.org


by kodomira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
a0231398_17333499.jpg

2018春休み岡山保養プラン



晴れの国 岡山で 春休みを過ごしませんか?

3月24日(土)~4月1日(日)

 (24日15時頃に岡山駅集合予定)

 

プログラムの内容(予定)

おもちゃ王国 おしゃべりカフェ

水族館 アロマ&ヒーリング サッカーあそび 





滞在場所: 岡山県渋川青年の家(岡山県玉野市渋川2-7-1)

「日本の渚百選」に選ばれた白砂青松の渋川海岸に面した研修施設です。

バリアフリーの宿泊室もあります。



対象: 福島県在住の親子さん(福島県から他県に避難されている方も含む) 定員30名



滞在費用: 宿泊費・食費は無料です。

観光や施設外での食事・交通費などは自己負担となります。



交通費: 自己負担ですが、1人あたり10,000円の補助をさせていただきます。

   (例)郡山→岡山 新幹線で大人1人、小学生1人、幼児1人の場合 

必要な交通費 32,670円(往復料金62,670円-補助30,000円)   



申込締切: 2月20日(火) 申込書に記入のうえ、FAXかメールでお送りください。

申し込みが多数の場合は、福島県在住の方、全日程参加可能な方を優先させていただいた上で、選考させていただきます。

正式な決定は2月24日以降にお伝えしますので、ご了承ください。





お申込み・問い合せ

子ども未来・愛ネットワーク

代表 宮岡篤子

〒709-3122 岡山市北区建部町吉田36-2-208

TEL 090-9468-1627

FAX 0867-22-1772

Email info★kodomomirai.org(★を@に変えてください。)

HP http://kodomomirai.org 





ちょっと遠いけど、がんばって来てみてね♪





~福島県から岡山市までの交通~

新幹線(福島・郡山→東京→岡山) 所要時間 5~6時間

片道料金 大人1人 21,520円(福島駅から岡山駅)



高速バス(福島・郡山→京都→岡山) 所要時間 1晩+3時間

片道料金 大人1人 約10,000円~15,000円



自家用車(福島→新潟→京都→岡山) 距離 約1000キロ

片道料金 車1台 高速代約20,000円 燃料代約15,000円



~~~~~~~~~~~~~~~~~

2018春休み岡山保養プラン申込書



お名前

ご住所

お電話

FAX

メールアドレス

参加者のお名前(ふりがな)  性別  年齢  その他(アレルギーや障がいなど)      







※いただいた個人情報は、春休み岡山保養プラン以外で使用することはありません。



①滞在希望の日程行き(岡山到着日)  月  日 ~ 帰り(出発日)  月  日



②交通手段(○をつけてください)

1 新幹線 2 高速バス 3 自家用車(  人乗り) 4 その他(     )



③この度の保養プランに参加したいと思った理由をお書きください。







④震災後の生活で何か気をつけていることはありますか?







⑤滞在中のプランのうち、特に希望するものに○をつけてください。



1 外で遊ばせたい 2 ゆっくり過ごしたい 3 参加者と交流がしたい 4 宿題をさせたい



5 岡山に移住している方と交流したい  6 移住のための下見がしたい



7 地元の野菜や果物が食べたい 8 健康について相談したい 9 検診を受けたい



10 その他(                )              





⑥その他、お聞きになりたいことがあればお書きください。  



◆送付先 子ども未来・愛ネットワーク FAX 0867-22-1772 Email info★kodomomirai.org(★を@に変えてください。) 


[PR]
by kodomira | 2018-01-19 17:36 | 福島のみなさんへ

避難者登録をしましょう

東日本大震災または原発事故による放射能汚染の影響で避難した人は、「全国避難者情報システム」へ登録ができます。
県主催の交流会の案内、その他の支援情報の提供があります。
関東からの自主避難者も登録出来ます。
被災・罹災証明などは必要ありません。
住所と名前を登録するだけです。

登録は各市町村の窓口で出来ます。
窓口でわからなかった場合は、県の担当課へ問い合わせてもらってください。
担当課
危機管理課
086-226-7385
[PR]
by kodomira | 2015-09-27 10:01 | 会員のみなさんへ
被災者支える短期滞在施設
岡山県内2ヵ所訪問

ということで、岡山市内の「くるくる」さんと「結いの家」が紹介されています。

Web版でもお読みいただけます。
http://www.sanyo.oni.co.jp/feature/shakai/iju/news/2014/03/08/20140308100023.html

結いの家(備前)
母子暮らすシェアハウス 同じ境遇で助け合う
 <何でも相談でき、自然体で過ごせるようになった><同じ思いの人達と出会えたことに感謝>。
(山陽新聞 2014年3月8日)

東日本大震災、原発事故から3年がたちます。子ども未来・愛・ネットワークへ相談してこられる方、岡山への移住を希望する方たちの動きは続いています。
放射能汚染の影響による食材への不安、健康被害への不安を持って岡山へ来るお母さんたち。
シェアハウスでほっと肩の荷をおろし、リラックス。
子どもたちは外でおもいっきり遊べる。

ひとりでも多くのお母さんと子どもたちに安心して過ごせる場を提供したいと思っています。

OHKからも取材を受けました。3月11日の夕方6時15分からの枠で放送されます。

a0231398_14335713.jpg

a0231398_14342145.jpg


備前シェアハウス「結いの家」は、滞在者の利用料と寄付金、子ども未来・愛・ネットワークのボランティアの手で管理運営されています。
保養、移住下見に来られるお母さんや子どもたちが、より快適にリラックスして過ごせるようにと邁進しております。

備前シェアハウス「結いの家」では、寄付をお受けしています。
いただいたご寄付は、シェアカーの維持費、灯油代、備品、消耗品(トイレットペーパー、調味料など)の購入に使わせて頂いています。
振込は下記の口座にお願いします。その際、振込用紙の通信欄に「寄付金」とお書きいただくか、別途メールでお知らせください。

備前信用金庫 山陽支店(店番 014)
口座番号 0168711
宮岡義人(ミヤオカヨシト)

お問い合わせ
子ども未来・愛・ネットワーク 副代表 宮岡義人
info@kodomomiraiai.org
Tel:070-5053-6271
[PR]
by kodomira | 2014-03-08 14:36 | 会員のみなさんへ
remember 3.11 NO NUKES walk & talk
開催:3月10日(日)
主催:こども未来・愛ネットワーク
協力:さよなら原発1000万人アクションin岡山実行委員会 イレブンアクション岡山他数団体
参加上の注意:追悼の祈りにふさわしい花、風船、メッセージボード、お面、被り物、鳴り物はOKですが、拡声器、団体名の入った幟旗等は使用しません。
10:00 開場(石山公園)
10:30 talk
11:00 walk 開始
11:45 解散(西川交差点)⇒有機生活マーケット【いち】(下石井公園)へランチを兼ねて!

午後から岡山バプテスト教会でイベントがあります。

a0231398_1939621.jpg

a0231398_19393796.jpg

[PR]
by kodomira | 2013-03-10 12:00 | イベント告知
タイトル : 原発事故子ども・被災者支援法 岡山フォーラム
日 時 : 2013年1月20日(日)13:30~16:15(13:00開場)
場 所 : 岡山商工会議所 会議室101
    (岡山市北区厚生町3−1−15)
     地図http://www.okayama-cci.or.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=52
参加費 : 無料
定 員 : 200名
託 児 : A.2歳~6歳 …15名   B.小学生 …15名
     *要申し込みとなります
     *お申し込み
           ◯メール…okayama.forum@gmail.comまで
           【件名】を「託児希望」と記し、
            1.保護者とお子さんのお名前
            2.お子さんの年齢 (愛称)
            3.保護者のご連絡先(電話とメールアドレス)
            上記1~3までを記載してお送りください。
            ◯メール以外のお問い合わせは、
             070-5054-4522(森)までお願いします
    *お申し込み後、こちらよりご連絡を差し上げます

内 容 : 第一部 
        1. 避難者からの声
        2.〈講演〉「原発事故子ども・被災者支援法を共に知ろう」
          講師 尾谷弁護士
         (福島の子ども達を守る法律家ネットワーク(SAFLAN))

     第二部 〈対話〉ワールドカフェ(参加者同士による対話)
            ファシリテーター 田坂 逸朗さん

お問い合わせ : okayama.forum@gmail.com
        080-5377-7864(はっとり)

主 催 : 原発事故子ども・被災者支援法 岡山フォーラム実行委員会
共 催 : 子ども未来・愛ネットワーク
後 援 : 福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク
     原発事故子ども・被災者支援法市民会議
     ふぇみん岡山
協 賛 : さよなら原発ママパパ美作ネットワーク
     みどり岡山

*後援、協賛などご賛同いただいている団体 1月6日現在
*四国・香川県(高松市、1/19)共同開催となります

*「福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク」について
「福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(Save Fukushima Children Lawyers’ Network : 略称SAFLAN)」は、福島の現地における「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の活動等に協力してきた弁護士を中心に、2011年7月20日に設立されました。避難区域外の地域においても、「避難の権 利」が認められるべきである、という共通の前提に立ち、避難者の支援を行っていく意思を表明した法律家の集まりです。

*田坂 逸朗さん
日本ファシリテーション協会監事やローカルアントレプレナースクール代表理事などを務めており、行政関連のファシリテーターなど務めるほか、福岡大学や九州大学にて非常勤講師なども。福岡での支援法フォーラムでもファシリテーターとして対話の場を支えました。

*原発事故子ども・被災者支援法について
「原発事故子ども・被災者支援法」(正式名称:東京電力原子力事故により被
災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律)は2012年6月21日に国会で成立しました。
[PR]
by kodomira | 2013-01-11 17:15 | イベント告知

生活物資募集

避難された方へ、以下のものを募集しています。
ご提供いただける方は、下記のへ連絡ください。

・テレビ 
・冷蔵庫 
・炊飯器
・食洗機
・掃除機
・暖房器具
・ドライヤー 
・給湯ポット 
・電子レンジ
・オーブントースター
・布団一式、カバー、シーツ類
・座布団、こたつ布団、カーテン
・ダイニングセット
・ハンガーラック
・プラスチック衣装ケース
・食器棚、本棚、
・ダイニングセット
・タオル、バスタオル、生活雑貨(新品でお願いします)
・照明器具 
・自転車(大人用、子ども用、子ども椅子つき、など)

連絡先は、 goods.renraku@gmail.com までお願いします。


皆様からのカンパもお願いしています。

ゆうちょ銀行 口座
15490-11562701
子ども未来・愛ネットワーク
[PR]
by kodomira | 2012-12-27 19:06 | ご協力のお願い
講演会・座談会のご案内です。
講演もお聞きいただきたいし、座談会ではライフスタイルシフトを実践中の方のお話も興味深いものと思います。
お誘い合わせておいで下さい。
託児の締切が迫ってますのでお早めにご予約下さい。

以下 告知

「脱原発社会のためのエネルギーシフト、そしてライフスタイルシフト」

脱原発社会を目指す世論が明らかとなった今、それを実現するために、一人一人ができるエネルギーシフトとは?飯田哲也氏が主宰する、民間の研究所として最先端の研究と取り組みを続ける環境エネルギー政策研究所の松原氏を迎え、エネルギーシフトへ向けたライフスタイルシフトとはどんなものか?実践者や生活者の視点も交えて、みんなで一緒に考えていきたいと思います。

日時:2012 年12 月9 日(日)14 時00 分 開演(13 時30 分 開場)
場所:岡山県総合福祉会館 ホール
   岡山市北区石関町2-1 TEL=086-226-3501
主催:さよなら原発1000 万人アクションin 岡山実行委員会
    TEL=086-239-8400
参加費:無料(託児受付終了)

■内容
・開会
実行委員会のあゆみと、これからの 活動

・記念講演
原発のない生活をめざす
松原 弘直(環境エネルギー政策研究所 理事、主席研究員)

工学博士。桜美林大学非常勤講師。環境プランナーER。
東京工業大学においてエネルギー変換工学を研究し、学位取得後、製鉄会社研究員、ITコンサルタントなどを経て、持続可能なエネルギー社会の実現に向けて取組む研究者として現在に至る。持続可能なエネルギー政策の指標化(エネルギー永続地帯)や長期シナリオ(2050 年自然エネルギービジョン)の研究などに取り組みながら、日本初の自然エネルギー白書の編纂をおこなう。
自然エネルギー普及のため、エナジーグリーン( 株) においてグリーン電力証書の普及やグリーン熱証書の事業化、おひさま進歩エネルギー( 株) 等での市民出資による地域エネルギー事業の支援などにも取り組む。

・座談会
脱原発社会のためのエネルギーシフト、そしてライフスタイルシフト

コーディネーター:赤井 藤子(実行委員会 副代表)
アドバイザー:松原 弘直(環境エネルギー政策研究所 理事、主席研究員)
スピーカー :井筒 耕平(村楽エナジー株式会社 代表取締役社長)
       大塚 尚幹(エコ建築家)
       大見 幸子(主婦)
[PR]
by kodomira | 2012-12-03 17:58 | イベント告知

定例会のご案内

定例会のご案内

日時:10月27日(土)10時から12時 
場所:ゆうあいセンター 研修室(子どものスペースあり)
   〒700-0807  岡山市北区南方2丁目13-1
   岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館 2階

内容:①夏保養の報告
    ・なごみの家
    ・渋川
    ・閑谷
    今後の保養予定
    ・冬休み
    ・春休み    
   ②仙田さん東北報告
   ③シェアハウスの経過報告
   ④せとうち放射能測定所の報告
   ⑤よりカフェ報告
   ⑥医療
   ⑦給食
   ⑧その他
  
[PR]
by kodomira | 2012-10-13 20:13 | 会員のみなさんへ
福島原発告訴団の説明会を、9月17日(月・祝)に開くことになりました。

2012年6月11日。1324人の福島県民が、福島原発事故の責任を問い、刑事告訴しました。

福島原発告訴団は、東京電力福島第一原子力発電所の事故により被害を受けた住民で構成し、
原発事故を起こし被害を拡大した責任者たちの刑事訴訟を求め、福島地方検察庁へ告訴を行います。

決して起きてはならなかった悲劇が、
二度とふたたび繰り返されないため。
8月1日、福島地検は、告訴状を受理しました。

この事故がきちんと捜査され、
その刑事責任がきちんと問われるためには、
さらに多くの声が必要です。
福島原発告訴団では、11月の第二次告訴に向けて、
全国からの告訴・告発人になってくださる方を募集しています。
放射能に県境はありません。

未曾有の人災、東京電力福島原発事故。
勇気をもって声をあげた福島の人々に続き、
ここ、岡山からも声をあげませんか?

福島原発告訴団 岡山説明会

9月17日(祝)午後1:00会場 1:30~4:00

会場:岡山市出石コミニュティハウス(幸町図書館・西川アイプラザ隣)
    岡山市北区幸町10-10  岡山駅から徒歩10分

お話 うのさえこさん&中里見博さん

託児はありませんが、会場内に子ども用スペースを設けます

お問い合わせ・お申し込み fkokuso.okayama@gmail.com
当日参加もOKです。

主催 福島原発告訴団

協力 子ども未来・愛ネットワーク


急なお誘いではありますが、17日の説明会にどうぞお越しください。
1000円と印鑑をお持ちになれば、その場で告訴団への申し込みもできます。

説明会でお話をしてくれるのは、うのさえこさんと中里見博さんご夫婦。
うのさえこさんは、福島原発のハイロアクションの実行委員長で、
現在は、福岡県に娘さんと避難しておられます。とても素敵な女性です。
昨年6月11日に、広島原爆ドーム前で読まれたメッセージが、
クレヨンハウスのブックレット「目を凝らしましょう」になっています。
パートナーの中里見博さんは、
先日MLでもご紹介した鎌仲ひとみ監督を招いた福島大学1年生のゼミをされた方です。
この春からは、福島から徳島大学に移ってこられています。
女性の人権を尊重する憲法学を専攻されています。

説明会のあとは、交流の時間も持ちたいと思っています。
告訴団へ参加されたい方、関心のある方は、ぜひぜひご参加ください。

-----------------
メーリングリストより転載
[PR]
by kodomira | 2012-09-10 12:46 | イベント告知
備前シェアハウス「結いの家」
保養、移住下見、短期滞在用のシェアハウス

昨年、福島で起こった原発災害により、東日本の広い範囲が放射能に汚染されました。そしてその後、岡山県には約800人の方が避難して来られました。

3・11以降、ガラリと変わってしまった環境の中で、外で安心して遊べない、食べ物に対しても不安が拭えないという方が、東日本には多くいらっしゃいます。

そこで、一時期だけでも安心して暮らせる場所がほしい、また移住のための下見に行きたいという声を受けて、備前でもシェアハウスを準備することになりました。

結いの家は、沖縄の言葉のゆいまーるから名づけました。ゆいまーるって、順番に助け合うというかんじの意味です。


子ども未来・愛ネットワーク
宮岡義人、篤子

a0231398_2134479.jpg

利用料について
1泊 1500円(母子ひと組あたり)
入居時に2000円(クリーニング代として)

(大人一人追加につき500円)


お問合せ
fzx01364@nifty.com
Tel:070-5053-6271(willcom)
Tel:090-9468-1627(softbank)

詳しくは、「結いの家」ホームページ
http://sites.google.com/site/yuinoouti/home
[PR]
by kodomira | 2012-07-29 21:03 | 活動報告